日本のカエデの巨木・古木・名木

一般的に、巨木、巨樹、老樹の大きさや姿は樹種により大きく異なります。
地面より130cm の高さのところで幹の径が1m以上、あるいは、
幹の周囲が3m以上、樹齢300 年以上が巨樹の目安とされているようです。
しかし、樹種によって形態が異なり、ツバキなどでは130cmの高さで 50 cmあればいえるそうです。
また、関連する要素として樹齢や樹高もあります。

小笠原隆三「日本の巨樹・老樹」によれば、
樹齢では、鹿児島上屋久町の縄文杉は約 3000 年、
アフリカのバオバブは約 5000 年といわれています。
直径では、蒲生の大クスの直径 7.7m (130cm),10.7m (基部直径)
樹高では、杉沢の大スギが 68 m、アメリカのセンペルセコイアは 110 m

 さて、カエデの場合は他の樹種の巨樹に比べてそれほど太さ、高さはないようです。
「The Complete Guide to Trees」by Alan Mitchell には、西洋カジカエデ:35m、
ギンカエデ:30m、ヨーロッパカエデ:27m などの記事が載せられています。

 以下、カエデの巨木・古木・天然記念物とされているもので
これまでに訪問したものについて紹介します。

山神神社のベニイタヤ:岩手県滝沢村鵜飼字姥屋敷

八雲神社のいろはもみじ:岩手県奥州市水沢区羽田町

荒谷のイロハモミジ:岩手県奥州市前沢区生母

衣川のベニイタヤ:岩手県奥州市衣川区石ヶ沢

一関のイロハモミジ:岩手県一関市萩荘字館山

龍泉寺のモミジ: 岩手県陸前高田市気仙町

賀茂神社のイロハモミジ:宮城県仙台市泉区古内寺糺

同慶寺のイロハモミジ:宮城県仙台市青葉区上愛子

荘厳寺のイロハモミジ:宮城県仙台市青葉区新坂町

青葉区星陵町のモミジ:宮城県仙台市青葉区星陵町

五城中学校のイロハモミジ:宮城県仙台市青葉区東照宮

中釜戸のシダレモミジ:福島県いわき市渡辺町中釜戸猿田

小貫のイロハモミジ:栃木県芳賀郡茂木町小貫

古舘のイロハミモジ:栃木県那須烏山市三箇

瀬川モミジ:栃木県那須塩原市

槻沢小学校の大モミジ:栃木県那須塩原市槻沢1

大慈恩寺のカエデ:千葉県成田市吉岡(きちおか)

佐倉城址公園のモミジ:千葉県佐倉市城内町

渋谷の大モミジ:千葉県茂原市渋谷557 伊奘子神社境内

遍照寺の大カエデ:千葉県君津市宮ノ下

浅間神社の大カエデ:群馬県高崎市倉渕町川浦

坂本の大もみじ:埼玉県小鹿野町

正龍寺の玉垂カエデ:埼玉県寄居町

西善寺のこみねもみじ:埼玉県秩父市横瀬

下里の大モミジ:埼玉県比企郡小川町

浜離宮恩賜庭園の大トウカエデ:東京都中央区

金太郎の大もみじ:神奈川県南足柄市地蔵堂

箱根宿の古木もみじ:神奈川県足柄下郡箱根町箱根

百々(どど)のイロハカエデ:山梨県南アルプス市百々

大塩の山もみじ:長野県大町市美麻

大峰高原の大カエデ:長野県北安曇郡池田町

天降社のオオモミジ :長野県木祖村藪原

山本のハナノキ:長野県飯田市山本

西臼塚の大カエデ:静岡県富士宮市粟倉

函南原生林のもみじ:静岡県田方郡函南町畑

長光寺のシダレモミジ:静岡県田方郡函南町畑

青埴神社のシダレモミジ:静岡県伊豆市青羽根

益山寺の大カエデ:静岡県伊豆市修善寺町山田

川宇連(かうれ)のハナノキ:愛知県豊根村

豊邦のイロハモミジ:愛知県設楽町豊邦字桑平

領家のモミジ:岐阜県郡上市大和町

万場南宮神社のモミジ:岐阜県郡上市大和町

天王山の大もみじ:岐阜県恵那市上矢作町小田子

山岡下手向のハナノキ:岐阜県恵那市山岡町下手向

富田のハナノキ:岐阜県岩村町富田

坂本のハナノキ:岐阜県中津川市千旦林

坂下ハナノキ群生地:岐阜県中津川市上野

川上巣乗のハナノキ:岐阜県中津川市川上

田瀬のハナノキ:岐阜県中津川市田瀬

二ツ森のハナノキ:岐阜県中津川市福岡

釜戸のハナノキ:岐阜県瑞浪市釜戸町

五鹿屋(ごかや)の大カエデ:富山県砺波市五郎丸

運源寺の大カエデ:富山県高岡市滝

西慶寺のヤマモミジ: 石川県輪島市門前町谷口

大山モミジ:福井県小浜市金屋 万徳寺境内

南花沢・北花沢のハナノキ:滋賀県東近江市南花沢町

古知谷のカエデ:京都市左京区大原古知平町阿弥陀寺

延命寺のモミジ:大阪府河内長野市神ケ丘

赤埴の大カエデ:奈良県宇陀市榛原区赤埴

奥出雲町の巨大もみじ:島根県仁多郡奥出雲町中村

唯称庵のカエデ林:広島県安芸高田市甲田町

大悲王院のカエデ:福岡県前原市雷山千如寺

白糸の滝の大カエデ:福岡県前原市

ホーム

カウンター