二日月の風景

二日月は、旧暦で新月(一日)の次の日の月(moon)ですので、
太陽とかなり近い方向にあります。

まず、時間的には、西の空に太陽が沈んでからようやく見えます。
月も追ってすぐに沈みますので、肉眼で見ることのできる時間はわずかです。

次に、見える方角ですが、
冬至前後の月(month)、11月、12月、1月頃の二日月が見える場合は、
西の空でも、西南西よりも南側に見えます。

夏場に見える場合は、冬と反対で、西空でも北側に見えます。
春秋に見える場合は、ほぼ西側に見えます。

この1年間の観察では、見える時間は夏場には80分くらい、冬場は60分くらいですが、
雲などの気象条件から、はるかに冬場に見やすいと言えます。

淡い光なので雲があれば見えませんが、繊細な月なので魅力を感じます。

絵画では、川合玉堂の『二日月』が知られています。

〜〜〜〜〜

7.2019年12月27日は、正午月齢 0.9 でした。
旧暦十二月二日です。

月の出時刻は午前7時37分で、午後5時36分に沈みます。

この日に、二日月で、かつ、12月の南端の軌道をとりました。

冷たく強い風が吹いていて、自宅上空には雲が見えないので、
二日月が見えるかもしれないと期待し、イオン志都呂店の屋上駐車場に来ました。

老眼の肉眼では判別できませんでしたが、
見えたらこの辺りと思われる場所をとりあえず10枚ほど写しました。

帰宅してから、パソコンの画像を目を皿にして隅から隅まで見つめました。
そのうち、3枚に何とかそれとわかる二日月が写っていました。


午後5時13分頃の、真西から30度ほど南の空の風景

拡大側の画像の隅っこに、はっきりと二日月を確認できました。


午後5時13分頃の、月齢 1.1 の 二日月の表情

結果的には、雲に入る頃まで待っていれば、もっと鮮明な画像が得られたかも知れません。
現場では、肉眼でわからず、しかも北風があまりにも冷たく強く、
顔が冷えてきたので、すぐに帰りました。惜しいことをしました。

この1年間に見た二日月では、もっとも細く見えた二日月でした。

----------

6.2019年10月29日は、正午月齢 1.0 です。
旧暦の十月二日です。

月の出時刻は29日午前6時54分で、午後5時56分に沈みます。
また、太陽が午後4時56分に沈み、1時間後に二日月が沈みます。

分厚い雲が空全体を覆っていましたが、わずかに雲から外れた西空の山際の部分に、
月の入り直前の二日月が見えるはずと思い、イオン志都呂店までやってきました。
イオン志都呂店の4階駐車場の西端場所から西空を眺めました。

午後5時35分頃から、厚い雲から抜け出て、顔を見せてくれました。


午後5時35分頃の、月の見え始めた西空の景色


午後5時38分頃の西空の景色、左手に金星が並び始めました。


午後5時44分頃の西空の景色、金星と二日月。
地上には、浜名大橋を通る車のライトの数珠の曲線が見られます。


左上;午後5時43分頃、 右上;午後5時45分頃
この時、月齢 1.2 位の二日月です。

----------

5.2019年9月30日は、正午月齢 1.4 でした。
旧暦の九月二日です。

日の入りが午後5時33分、月の入りが6時48分でした。

午後5時半頃、舞阪表浜公園にやってきました。
舞阪表浜駐車場に車を留めて、今切口まで歩きました。

今切口東岸北部から浜名大橋と二日月を眺めることにしました。

今切口東岸北部から眺める日没後15分くらいの浜名大橋の姿です。
どこに月が見えてくるか緊張します。


午後5時48分頃の今切口、浜名大橋の風景

午後5時48分を過ぎてから二日月が見えるようになりました。


午後5時52分頃の今切口の浜名大橋と二日月1

浜名大橋に対して、月が小さく見えるので、後方に下がりました。
約10分もすると、周囲が暗くなってきました。


午後6時01分頃の今切口の浜名大橋と二日月2
対岸は、新居海釣公園です。

日没後の静かなゆったりした時間が流れます。
月が雲の中に隠れようとしています。


午後6時09分頃の今切口の浜名大橋と二日月3

この後、黒い雲に隠れて、見えなくなりました。

午後6時前後の約20分間の月の表情変化です。
空の色の変化が見られます。


左上;午後5時48分頃、 右上;午後5時52分頃
左下;午後6時00分頃、 右下;午後6時05分頃
日没の頃、月齢 1.6 くらいです。

----------

4.2019年7月4日は、正午月齢 1.3 でした。
旧暦の六月二日です。

この日は、太陽が沈んでから、約1時間半後の午後8時半少し前に月が沈みます。
この時、月齢 1.6 くらいです。

日没時刻の午後7時4分頃、真西の方角より20数度北側を眺めていると、
午後7時17分頃から、二日月が目に入りました。


午後7時23分頃の夕焼け雲と夕月、自宅の前の道から見る二日月です。

梅雨の合間に夕月を見ることができました。
夏場の貴重な二日月です。前日の7月3日は新月で北端の軌道にありました。

----------

3.2019年2月6日は、正午月齢 1.2 でした。
旧暦二月二日です。

1ヶ月前に見た1月7日の二日月よりも月齢で、+0.1です。
西区の志都呂団地の西の坂道までやって来ました。

この日の日没が、午後5時20分です。その30分後に見えてきました。


午後5時50分頃、見え始めた二日月
前回の1月7日の細い二日月が見え始めた位置は、左の青山の看板の左上でした。

後退してこの坂を上がると、浜名大橋が見えますが、電線が降りて見えます。


午後5時53分頃の見え始めてまもない二日月
光る2つの看板の間に、浜名大橋を通る車のライトのアーチが見えます。


午後6時19分頃の沈みゆく二日月
午後5時50分頃、見え始めた二日月
前回の1月7日の細い二日月が沈みかけた位置は、左手の「青山」の看板のすぐ右手でした。
冬の時期に南の軌道をとる新月や二日月が、この1ヶ月で右手、北側に移動したことがわかります。
この移動は、冬から春になりつつあることを示しています。
そして、新月や二日月などは夏場に最も北側の軌道をとることになります。

黄昏がせまる夕刻の二日月の表情です。


左上;午後5時50分頃、 右上;午後5時59分頃
左下;午後6時09分頃、 右下;午後6時14分頃
この時は、月齢1.5 くらいです。

----------

2.2019年1月7日は、正午月齢 1.1 でした。
旧暦十二月二日です。

夕日が沈む頃は、月齢が 1.3くらいですが、
前日に続き、太陽が沈む付近の少し上の夕焼け空に月を探しました。
日の入り時刻と月の入り時刻のこの日の時間差は62分でした。

この半年間で、最も細い二日月を目で確認できました。


午後5時半頃の夕月の風景


午後5時39分頃の、月齢が 1.3 くらいの二日月の表情


午後5時42分頃の二日月の表情
光る看板の右に、浜名大橋を通る車のライトのアーチがはっきり見えます。

正岡子規は、「薄(ススキ)より萱(カヤ)より細し 二日月」と歌っています。

あけぼのも黄昏も、昼夜の境には空の色は時間とともに急速に変化します。

以前の自分には、見えなかった月の表情です。

----------

1.2018年11月9日は、正午月齢 1.5 でした。
旧暦十月二日です。

夕方、志都呂団地の丘から南西の空に月が見えました。


午後5時15分頃、西(西南西より南側)の空に見えた月齢 1.7 の夕月


午後5時20分過ぎ、月齢 1.7 の夕月
この場所からは、イオンモール志都呂店と青山の看板が夕月とともに見えます。


午後5時半頃、月齢 1.7 の雲間の夕月

陰暦二日月をはっきりと眺めたのは初めての出来事でした。

〜〜〜〜〜

戻る