新月前の細い「有明の月」の風景

 ご存知のように、
十六夜の月以降、新月までの月は、
陽が出る明け方に見えるので、有明の月と呼ばれます。
有明の月の中でも、新月前の月は細い三日月のようでとても魅力的です。

ところで、夕方の三日月の頃は、
夕方になり太陽が沈む頃から西の空に見えるようになります。
わずかの時間だけ見えるものの、月が沈むと空は真っ暗になります。

 一方、「明けの三日月」の頃は、夕方の三日月の頃と逆の見え方をします。
未明から明け方、まだ暗いうちに東の空から出た月は、
空に浮いていても太陽が出て空が白化してくると見えにくくなります。

ここで言う「明けの三日月」とは、「旧暦二十七日前後の月」です。

また、晦日に近づくほど月の光が細く、薄くなりますので
空気の白化と相まってさらに見えにくくなります。

勿論、見える見えないの話は、
自然現象のばらつきと視力の個人差によるものと考えます。

極端に言えば、太陽が沈んで夕方に少しの時間だけ見える三日月に対して、
未明から明け方に太陽が出てくるまでの少しの時間だけ東の空に輝いて見えるのが
「明けの三日月」だと言えるでしょう。

源氏物語には、二十日余りの月までは見られますが、明けの三日月は見られません。
しかしながら、清少納言、芭蕉には見られます。

この明けの三日月が出る頃は、次第に空が明るくなってきますので、
神秘性や繊細感は感じられても、不気味さが感じられることはないと思われます。

 このページでは、明けの三日月前後の月から新月直前までの月のシーンを集めました。

〜〜〜〜〜

 

1.二十七日の月の風景

二十七日の月は、月齢25〜26 前後になるようです。

--------

2019年2月1日は、正午月齢 26.1 でした。
旧暦十二月二十七日です。

月の出は、午前3時50分過ぎです。
金星大接近が見られました。


午前4時8分頃、月齢 25.8 の月、すぐ上が金星で、画像の右上の端が木星です。
月の軌道の南端となる一日前です。
真東から27度ほど南側になります。
黒い鉄塔の右のニトリの看板あたりが南端になります。

-------

2019年4月2日は、正午月齢 26.5 でした。
次は、薬蔵坂から見る二十七日の月です。


午前4時28分頃の 二十七日の月(月齢 26.2)です。月が立って見えます。
左の星は、明けの明星。金星です。

-------

2019年8月27日は、正午月齢 26.0 でした。
この1年間、観察できた北端の軌道での月の出位置は、
紅白の鉄塔と山の端の接点で、鉄塔下部のセンター付近でした。


午前1時26分頃、顔を見せた二十七日の月 (月齢 25.6)
紅白の鉄塔は、真東から27度ほど北側です。

〜〜〜〜〜

2.二十八日の月の風景

二十8日の月は、月齢26〜27 前後になるようです。

--------

2019年1月3日は、正午月齢 26.8 でした。


午前4時19分頃、黒いの鉄塔と重なる月の出(月齢 26.5)
黒の鉄塔は、真東から21度ほど南側です。

-------

2019年4月3日は、正午月齢 27.5 でした。
月が見え始めてすぐの、東(真東より12度ほど南)の景色です。


月が出てすぐの、午前4時55分頃の景色(月齢 27.2)
月の立ち方が目立ちます。
地球から見て、太陽が月の左手(北側)にあることがわかります。

〜〜〜〜〜

3.二十九日の月の風景

二十九日の月は、月齢27〜28 前後になるようです。

-------

2020年8月18日は、正午月齢 28.4 でした。
旧暦六月二十九日でした。

月の出は午前3時42分、月の入りは午後6時12分です。

まず、超細い二十九日の月を見るために、薬蔵坂に来ました。

午前4時00分頃、紅白の鉄塔のすぐ右に見えました。


一旦雲に隠れましたが、数分後にはっきりした姿を見せてくれました。


午前4時08分頃、二十九日の月は、紅白の鉄塔の右を上昇していました。
今日の月の出位置は、鉄塔の右端付近と思われます。

薬蔵坂での二十九日の細い月を確認できたので、佐鳴湖に向かいました。

佐鳴湖南西部の富士見橋に来ました。


午前4時33分頃、富士見橋から見る二十九日の月

帰宅時に大平大橋に寄り、橋の南桁から眺めました。

急に空が明るくなり始めました。

太陽も光芒を見せ、二十九日の月に後光を用意してくれました。


午前4時50分頃、大平大橋から眺めた二十九日の月の光景
神秘性に触れた感じでした。


午前4時50分頃、大平大橋の南桁から眺めた二十九日の月の光景
佐鳴湖から浜名湖に注ぐ新川と右奥のアクトタワーの日の出前の情景です。

少しだけ月の部分を拡大します。


午前4時52分頃、大平大橋の南桁から眺めた二十九日の月、月齢28.1
こんなにカラフルな背景が観察できるとは予想できませんでした。

-------

2020年6月20日は、正午月齢 28.4 でした。
旧暦四月二十九日でした。

6月は22日に北端の軌道になりますが、その2日前なので、
薬蔵坂から東を見た時、左手に見えるライト付きの紅白の鉄塔の右に見えました。


午前4時02分頃の雲から脱出した二十九日の月(月齢 28.1)


午前4時11分頃、ほぼ東北東に見えた二十九日の月の風景

-------

2019年9月27日は、正午月齢 27.7 でした。

27日午前3時22分に月が出て、午後4時56分に沈みます。
東の山際は雲が覆っているようでした。諦めかけた 午前3時40分頃、
まず、少しだけ上がったところで、数分だけ顔を見せてくれました。


午前3時40分頃、顔を見せた二十九日の月(月齢 27.4)
真東より15度ほど北側です。
月が寝ていて、地球から見て太陽が月の真下にいるようです。

-------

2019年1月4日は、正午月齢 27.8 でした。

4日午前5時04分に月が出て、午後3時23分に沈みます。


午前5時17分頃の二十九日の月の出 (月齢 27.5)
真東から26度ほど南側になります。

-------

次の2枚は、2018年10月8日、正午月齢 28.4です。
旧暦八月二十九日の月です。


10月8日午前4時52分頃の月で、月齢 28.1の二十九日の月です。


10月8日午前5時26分頃の月で、月齢 28.1の二十九日の月です。

-------

2015年11月10日の月です。正午月齢28.1です。
旧暦九月二十九日です。


11月10日午前5時45分頃の月で、月齢 27.8 の二十九日の月です。

〜〜〜〜〜

4.三十日の月の風景

三十日の月は、月齢が28〜29 前後に入るようです。
見かけの月が超細いので、気象条件がよくない限り、見える機会は少ないようです。

--------

2020年10月16日は、正午月齢 28.7 でした。
旧暦八月三十日でした。

月の出は午前4時46分、月の入りは午後5時05分です。
新月の1日前の月です。

月の出る方角が 89.1度、真東よりわずか1度だけ北側なので、
アクトタワーと超細い月とのツーショットを期待して、再び太平大橋に来ました。

途中、上空は雲がほぼ全体を覆い、雲の切れ間に星が数個見えただけでした。

午前5時頃、案内役の金星はすでに厚い雲に入り見えませんでしたが、薄い雲の層から突然見えてきました。


午前5時00分頃、東の空、アクトタワーのすぐ横に姿を見せました。

雲の層の集団も東の方に流れているようで、すぐに厚い雲の層に隠れ始めました。

ほぼ5分間のショウでした。


左;午前5時00分頃(見え始めの頃)、右;午前5時05分頃(厚い雲に入る直前)
月齢28.4 暗いです。

月が隠れた後の太平大橋からの東の景色です。


16日午前5時10分頃、細い月が雲に隠れてしまった東の空
手前の川は佐鳴湖から浜名湖につながる新川です。

--------

2019年9月28日は、正午月齢 28.7 です。
旧暦八月三十日の月です。

28日の月の出は、午前4時35分です。
明日の29日午前3時26分に新月になります。
新月の1日前の月です。

この日の日の出時刻が、午前5時38分なので、
約1時間くらいの時間差があり、うまくいけば東の空に見えるはずと薬蔵坂まで来ました。

午前4時半過ぎはまだ暗く、空は雲に覆われて、中天に星はほとんど見えませんでした。
東の山の端と黒い雲の間がわずかに白っぽく見えたものの、期待していませんでした。

月の出位置を予測し、三脚を立てて、写す準備をしていました。
後からわかったのですが、肉眼で見える前に月の出シーンが写っていました。
肉眼で確認したのは、次の写真の1分後でした。


午前4時46分頃、山際から出たばかりの月が写っていました。
前日27日の月の軌道よりも 6.7度南の軌道で、
真東から9度ほど北側に見えました。

枕草子 第235段 月は、有明の、東の山ぎはにほそくて出づるほど、いとあはれなり。


午前4時54分頃、月齢 28.4 位の月が上っていきます。
細さは、夕方の月齢 1.1くらいの三日月に相当しそうです。

この2分後には、月は雲に隠れてしまいましたが、
月の出のドラマの後に、朝焼けを楽しめました。


午前5時14分頃の薬蔵坂から見る東の朝焼けの景色

この9月28日の画像は、2つの意味で、貴重でした。
1つは、勿論、自分で撮影した中で、最も細い有明月であったことです。
もう1つは、観察者の上空ほとんどが雲に覆われていても、
山際のみに雲がない珍しいケースであったことです。

上の画像の左の紅白の鉄塔の左に見える小さな鉄塔のさらに左側に、富士山が見えました。


午前5時19分頃、北東の方角に、富士山が確認できました。

〜〜〜〜〜

以上、未明から明け方に見られる、
新月前の細い「有明の月」の風景でした。

戻る