南端の軌道での月の出の風景

----------

太陽が1年かけて、冬至から夏至に南北に移動するのに対して、
月は南北の移動を毎月繰り返しています。

南端の月の軌道での月の出の風景を意識して撮影し始めたのは、
2019年の1月6日でした。

この日、南端の軌道上で新月の月が太陽と重なり、冬の日食を経験しました。
実は、その2週間前の2018年12月の22日の冬至(太陽が南の軌道)の次の日に、
反対側の北端の軌道上に満月を見たものです。

まさに対称的に、2020年6月21日は夏至で、太陽が北側の軌道にあり、
新月が北端に近い軌道上にあり、部分日食になリました。
実は、この2週間前には反対の南端の軌道上に満月を見たのでした。

〜〜〜〜〜

このページでは、上記した、2019年1月から 2020年6月までの
約1年半の期間に見られた、「南端の月の軌道での月の出の風景」を紹介します。

〜〜〜〜〜

ところで、東から出る月の定点観測点は、西鴨江町の薬蔵坂です。
この坂道からは、北東から南東までの範囲を眺めることができます。
北東には、富士山も眺められます。

〜〜〜〜〜

まず、西鴨江町の薬蔵坂から見る東の風景です。


この画像で、アクトタワーの少し右側が真東になります。

画像左の南平団地西の鉄塔(紅白の鉄塔)地点付近が、
薬蔵坂から見る月の出の最北端です。

また、画像右の雄踏街道沿い入りの鉄塔(黒の鉄塔)右の
ニトリ浜松入野店の看板付近が、薬蔵坂から見る月の出の最南端です。

----------

南端の軌道の月の出がテーマですので、
上図右の黒の鉄塔の右側の明るい景色を示します。

さらに拡大します。


南端の月の出位置の地上の景色には、2020年前後においては、
ニトリの看板、スズキの看板、AOKI の看板が、重要な近景になります。

〜〜〜〜〜

2019年1月6日は、正午月齢 0.1 でした。
新月です。

今回は最南端から出る月が新月で、
しかも、この日は日食ですので、太陽と月が近接しています。

「各地の暦」によれば、
日の出の方位は 117.2度、新月の出の方位は 116.9度 です。
月の出の方位は日の出の方位より0.3度だけ北側のようです。

月は見えませんが、月の出位置もほぼ太陽の日の出位置のそばとみられます。

1月6日の日の出です。


6日午前7時04分頃の日の出の風景

この観測点から見る南端の月の出位置は、ニトリの看板付近と見られます。

----------

2019年2月2日は、正午月齢 27.1 でした。

月の出は、午前4時45分過ぎです。

この時間、月齢 26.8 くらいです。 いわゆる、明けの三日月です。

2月2日の月の出位置の方位は、116.8度(東より南側に26.8度)でした。


2日午前5時頃の月の出のシーン

3枚の画像から、月の出位置を推定しました。


薬蔵坂から見る今月の月の出の南端位置が、「ニトリ」さんの看板でした。

そうこうしているうちに、土星も顔を見せてくれました。
以下は、今まで見ることのなかったさらに南東側の天体ショウです。


午前5時53分頃の、左から、土星、月、金星、木星の光景

----------

2019年5月22日は、正午月齢 17.2 でした。
十八夜の月です。

22日は、月の出位置が5月の中で最南端になります。
この日の月の出位置の方位は、117.8度(東より南側に27.8度)でした。

月の出時刻は、午後10時2分でしたが、
東の山の端には厚い雲があり、その雲からいつ顔を出してくれるのかと心配しましたが、
午後10時12分頃、十八夜の月の最初の表情が見られました。


22日午後10時12分頃の十八夜の月の最初の表情

数分後に2回目の表情を見せてくれました。


22日午後10時18分頃の十八夜の月の第2の表情

次は、40分の時間間隔の画像より、月の出位置を割り出します。


午後10時14分と、10時54分の2つの画像を重ねました。
今日は、ニトリの看板の右端より少し右側に移動しているようです。

----------

2019年6月17日は、正午月齢 13.7 でした。
陰暦五月十五日の月でした。

満月になるのは、17日午後5時半頃です。

月の出は午後6時57分頃、月の入りは翌日の午前5時05分頃です。

6月の最南端は今日の17日ではなく、明日の18日ですが、続けて記載します。

6月17日の月の出位置の方位は、116.9度(東より南側に26.9度)でした。
6月18日の月の出位置の方位は、117.9度(東より南側に27.9度)でした。


午後7時4分頃、ニトリの帽子に見えました。

その約6分後です。

6月の満月がストローベリームーンと呼ばれるのが納得できます。


午後7時10分頃の十五夜の月

--------

2019年6月18日は、正午月齢 14.7 でした。
陰暦五月十六日の月でした。

月の出は午後7時52分頃、月の入りは翌日の午前5時56分頃です。

6月の最南端の軌道になり、月の出位置の方位は、117.9度(東より南側に27.9度)でした。

昨日よりは1時間ほど遅く十分に暗くなりましたが、
東の空には、それ以上に厚い雲がありました。

十六夜の月が顔を見せたのは、ここに来てから40分以上経ってからでした。


午後8時36分頃、やっと顔を見せてくれた十六夜の月


午後8時39分頃、村雲の間から丸い姿を見せてくれた十六夜の月

少ない情報から、月の出た位置を推定しました。


17日の満月の時より、18日の軌道が1度南に進んでいます。

----------

2019年8月12日は、正午月齢 11.0 でした。
陰暦七月十二日の月でした。

月の出は午後4時33分、月の入りは翌日未明の午前2時37分です。

8月12日の月の出位置の方位は、118.0度(東より南側に28度)でした。

この夏場には満月前後の丸い月が南端の軌道を通りますが、このことを確認するのがこの夏の課題でした。
先月の7月は、天候のため見ることができませんでした。

時々刻々南端の月の姿形が変化する中で、この8月は、陰暦の夏も終わりの月です。
南端の丸めの月も、6月は十六夜の月、7月は十四夜の月、8月は十二夜の月までになりました。
来月9月に南端の軌道を進む見かけの月の姿形は。十日の月です。
しかも、この時の月の出時刻は、午後2時半頃で、肉眼では観察しにくい時間帯です。

今回は、そのような意味で、夏の丸めの月の出位置を観察するラストチャンスでした。


午後4時47分と午後4時51分の4分差の位置からの推定1


午後5時01分と午後5時09分の8分差の位置からの推定2

推定1、推定2の2回の結果から、2019年8月、薬蔵坂の定点観測点から見た時、
南端の月が「ニトリの看板とスズキの看板の間」から出ていることが確認されました。

次の図は、前日の観察との比較です。
この軌道の違いが、方角で 0.6度の差に相当します。


11日には117.4度、南端の12日には118度で、角度差は 0.6度 です。

かろうじて、天候に恵まれて、この夏場の丸めの月の南端の軌道を確認することができました。

----------

2019年10月5日は、正午月齢 6.4 でした。
旧暦九月七日の月です。
翌日、上弦の月です。

月の出はお昼の午後0時24分、月の入りは午後10時26分です。

10月5日の月の出位置の方位は、118.3度(東より南側に28.3度)でした。

次の画像では、一番上の電線に月が重なっていますが、
目で確認できるようになったのは、一番下の電線に重なる高さからでした。


午後1時11分頃、画像の一番上の電線に重なるようになりました。

こレまでの1年間では、方位角が 118.3度と大きな数値だったので観察しました。

3点から月の出位置を求めました。


午後0時42分、午後0時52分、午後1時06分 の3点からの作図です。
これまでニトリの看板の右端付近でしたので、
もうすぐスズキの看板にかかりそうです。

----------

2020年2月19日は、正午月齢 25.2 でした。
旧暦一月二十六日の月です。

月の出が午前3時23分、月の入りは午後1時21分です。

2月19日の月の出位置の方位は、118.9度(東より南側に28.9度)でした。
2月20日の月の出位置の方位は、119.0度(東より南側に29.0度)でした。

次は、19日の月の出です。


上;午前3時29分頃、下;午前3時37分頃
上下いずれの画像の右上の赤い点は、火星です。

-------

2月20日は、正午月齢 26.2 でした。
旧暦一月二十七日の月です。

月の出は午前4時17分、午前9時16分に南中し、月の入りは午後2時16分です。
日の出は6時28分です。

2月20日の月の出位置の方位は、119.0度(東より南側に29.0度)でした。


20日午前4時23分頃の月の出

昨日の画像と比べてみて、0.1度の違いがわかります。
おおよそ、細い月の見かけの肉厚の1〜2倍ほど右側から出ています。


午前4時23分頃(上図より13秒後)
月の出位置は、119.0度(東より南側に29.0度)でした。
なお、月の左上の点は、木星です。

----------

2020年3月18日は、正午月齢 23.5 でした。
旧暦二月二十四日でした。
下弦の月の2日後です。

月の出は未明午前2時15分、月の入りはお昼の午後0時12分です。

3月18日の月の出位置の方位は、119.4度(東より南側に29.4度)でした。


今回は、月の出位置が 119.4度(真東より29.4度南側)でした。


119.4度で、2月20日より 0.4度の移動が、AOKI の看板において、
A の文字から I の文字まで、右(南)側に移動しているのがわかります。

----------

2020年5月11日は、正午月齢 18.0 でした。
旧暦四月十九日の月でした。

月の出は午後10時52分、月の南中時刻は12日午前3時48分、
月の入りは12日午前8時46分です。

5月11日の月の出位置の方位は、120.0度(東より南側に30.0度)でした。

薬蔵坂に到着した時には、すでに月が出てしまっていました。


午後11時07分頃の月の出の風景

11分の時間差の2枚の画像から、月の出位置を推定しました。


2枚の画像から月の出位置を推定 、3本の線の中の線がその位置と思われます。
南端の位置が3月18日よりも南側に0.4度移動して、AOKI の看板の位置を越えいます。

----------

2020年6月7日は、正午月齢 15.4 でした。
旧暦閏月四月十六日の月です。

月の出は午後8時36分、月の入りは8日の午前6時29分です。

6月7日の月の出位置の方位は、120.1度(より南側に30.1度)でした。


午後11時08分頃の十九夜の月の出直後の表情

11分の時間差の2枚の画像から、月の出位置を推定しました。


2枚の画像から月の出位置を推定 、3本の線の中の線がその位置と思われます。
5月11日よりも、さらに、0.1度南端の位置が南側に移動しています。

〜〜〜〜〜

一体、どのくらいまで、南端の軌道が南に移動するのか、
「各地のこよみ」の情報を参照させていただいて、2005年まで遡り、わかったことは、

南端の振れ幅が、15年間に112.5度〜126度まで動いていることです。
多分、この範囲で変化を繰り返すものと想像されます。

したがって、2020年の7月時点から、南端位置はさらにまだ6度ほど、
南側に移動していくことが予想されます。

黒の鉄塔右のマンションから、右に見える紅白の鉄塔の右までが
南端軌道の月の出位置の移動範囲と思われます。

このように、南端の軌道にある月は、夏には満月前後の月、
冬には新月前の細い月が見られるようです。

〜〜〜〜〜

以上が、2019年1月から 2020年6月までの約1年半の期間に観察できた、
「南端の月の軌道での月の出の風景」でした。

戻る