源氏物語に見られる「月の和歌」その4
2019年2月23日

参考書
講談社 瀬戸内寂聴訳 源氏物語  
河出書房、与謝野晶子訳「源氏物語 上巻/下巻」

----------

昨年、万葉集、古今集から新古今集までの勅撰和歌集、そして、西行の山家集などから
「月を歌う和歌」を合計 約 1400首ほど拾い集めてみました。

そこで、今回は、源氏物語に見られる「月の和歌」を拾集しました。

以前に、カエデ、紅葉の記載部分を求めて、与謝野晶子訳の本で、流し読みしましたが、
今回は、年末から年始にかけて、源氏物語を瀬戸内寂聴氏の訳本を読みました。

瀬戸内寂聴訳「源氏物語」に「月の和歌」39首を拾いました。

そこで、この「月の和歌」39首を4回に分けて、月に着目して、コメントします。

このページでは、その4として、8首を記載します。

以下に、この9首に関する月のコメントを記します。

No.32 の和歌(総角より)

月の情景;世間では殺風景なものと言われている十二月の月

 雪があたりを暗くして降りしきる日、薫の君は終日物思いに沈んでいらっしゃいます。世間では殺風景なものと言われている十二月の月が、雲一つない空に冴えかえって懸かっているのを、簾を巻き上げてご覧になりますと、ちょうど向こうの寺の鐘の声が聞こえてきます。白氏文集に『遺愛寺の鐘は枕を欹てて聴き、香炉峰の雪は簾をかかげて看る』とあるのと、同じような風情ですから、ご自分も枕をそばだてて、『今日も暮れぬとかすかなる』鐘の声をしみじみとお聴きになります。

32. おくれじと空ゆく月を慕ふかな つひにすむべきこの世ならねば

 風がひどく激しく吹きますので、蔀戸を下ろさせなさいますと、四方の山々を鏡のように映している川の汀の氷に、月の光がきらきらさしてなんともいえぬ美しさです。

自己流に読むと、

32. いつまでも住めるこの世ではないので、亡き人を追って西へ向かう月が慕われます。

---

「今日も暮れぬとかすかなる鐘の声」で、思い出される歌

拾遺集 1329 山寺の入相の鐘の声ごとに今日もくれぬと聞くぞ悲しき     知らず
後拾遺集 0918 あか月の鐘の声こそきこゆなれこれをいりあひと思はましかば 小一条院
詞花集 0112 夕霧にこずゑもみえずはつせ山いりあひの鐘のをとばかりして   源兼昌
詞花集 0357 夕暮れはものぞかなしき鐘の音あすもきくべき身としらねば   和泉式部
千載集 1154 はつせ山いりあひの鐘を聞くたびにむかしの遠くなるぞ悲しき  藤原有家
新古今集 0116 山里の春の夕暮きてみればいりあひの鐘に花ぞちりける    能因法師
新古今集 1521 有明の月のゆくへをながめてぞ野寺の鐘は聞くべかりける     慈円
新古今集 1807 暮れぬめり幾日をかくて過ぎぬらむ入相の鐘のつくづくとして 和泉式部
新古今集 1808 待たれつる入相の鐘の音すなりあすもやあらば聞かんとすらむ 西行法師
新古今集 1955 けふ過ぎぬいのちもしかとおどろかす入相の鐘の声ぞかなしき 寂然法師

---

西方浄土に憧れることで、思い出される月の歌の一部

後拾遺集 868 もろともにおなじうき世にすむ月のうらやましくも西へゆくかな 中原長国妻
金葉集 580 西へゆく心は我もあるものをひとりな入りそ秋の夜の月     源師賢朝臣
金葉集 630 阿弥陀仏ととなふる声に夢さめて西へながるる月をこそみれ   選子内親王
金葉集 539 もろともに西へや行くと月影の隈なき峰をたづねてぞ来し     僧都頼基
金葉集 631 教へをきて入りにし月のなかりせばいかで思ひを西にかけまし  皇后宮肥後
千載集 1010 住みなれし宿をば出でて西へゆく月をしたひて山にこそ入れ    平実重
千載集 1208 入る月を見るとや人は思ふらん心をかけて西にむかへば  堀川入道左大臣
新古今集 1975 西へ行くしるべと思ふ月影の空頼めこそかひなかりけれ  待賢門院堀河
新古今集 1977 昔見し月の光をしるべにて今宵や君が西へ行くらむ      瞻西上人
新古今集 1978 闇晴れて心の空にすむ月は西の山辺や近くなるらむ        西行

---

「朝顔」で語られた「冬、十二月の月」の魅力について

 「四季折々の季節の中でも、人が心を惹かれる花や紅葉の盛りよりも、冬の夜の澄み切った
月の光に雪の照り映えて見える空こそ、不思議に色のない眺めが身にしみて、
あの世のことまでが思いやられ、興趣も情緒も尽きないものです。
冬の月夜を興ざめなものの例に言い残した人の心は浅いものだ」
と仰せになって、御簾を巻きあげさせられます。

なお、「香炉峰の雪は簾をかかげて看る」は、昔、「枕草子」で見たような気がします。

----------
 
No.33 の和歌(早蕨より)

月の情景;二月七日の月、ほぼ上弦の月
京へ向けて宇治を出発した中の君の心情

 二月七日の月がくっきりとさし昇り、月光に映し出された風景が、情趣深く霞んでいるのをご覧になりながら、京までの道のりのあまりの遠さに、こんな旅に馴れていらっしゃらない中の君はとても苦しくて、ついぼんやりともの思いに引き込まれて、

33. ながむれば山よりいでてゆく月も 世にすみわびて山にこそ入れ

と口ずさまれるのでした。「これから知らないところに移り住んで、結局自分の行く末はどうなるのだろう」と、そのことばかり心配されます。

自己流に読むと、

33. 山から昇って行く月も、この世に住み詫びて、また山に沈んで行くのだろうか。

---

陰暦二月七日の月について

「七日の月」は半月で、上弦の月と思われます。
半月は半分明るく、半分暗いので、2つの相反する要素が連想されます。
これまでの生活とこれからの生活、宇治と京、そして、期待と不安などの
明暗半々の意味が込められて歌われているように感じます。

---

「二月七日の月がくっきりとさし昇り」の情景について

陰暦二月七日の月は、現在の今年の暦では、3月中旬の13、14日の上弦の月の日の前後と考えられます。
午前10時前後に月が出て、南中時刻が夕方午後5時前後で、月の入りが深夜から未明になります。
日没が午後6時少し前です。
したがって、「二月七日の月がくっきりとさし昇り」とは、
日中青い空にくっきり見えたのなら、夕方前の情景、
日没以降空が暗くなって半月が輝きだしたのなら夕方以降の情景になります。
「月光に映し出された風景が、情趣深く霞んでいる」とありますので、
日没直後の黄昏時のイメージがふさわしいように思われます。

----------

No.34 の和歌(宿木より)

月の情景;十六夜の月
匂宮と六の君の婚儀の場面

 夕霧の右大臣は、六条の院の東の御殿を美しく磨きたてて、きらびやかな調度を飾り、 ご婚礼のお支度をすべて整えて、匂宮をお待ち申し上げていらっしゃいます。 十六夜の月が次第にさし昇るまで、お越しになる様子もなく、・・・ 匂の宮にお手紙をお届けになりました。

34. 大空の月だにやどるわが宿に 待つ宵過ぎて見えぬ君かな

 匂宮は、「六の君に通い初めるのが今夜からだとは、なまじ中の君には知らせまい、不憫だから」と、 思いになって、宮中からそのまま六条の院に通うつもりで、宮中にいででしたので、そちらから中の君にお手紙をさし上げられました。

自己流に読むと、

34. 十六夜の月でさえ顔を出したくれたのに、宵が過ぎてもまだ来てくれない君よ。

---

十六夜の月といえば、いざよう、
月の出が遅くなる、躊躇するなどの意味が見られますが、
匂宮を待つ心に重ねているところが面白いと思います。

「月の出を待つ」歌で、思い出される歌

万葉集 1008 山の端にいさよふ月の出でむかと我が待つ君が夜はくたちつつ 忌部首黒麻呂
万葉集 1071 山の端にいさよふ月を出でむかと待ちつつ居るに夜ぞ更けにける   知らず
万葉集 1084 山の端にいさよふ月をいつとかも我は待ち居らむ夜は更けにつつ   知らず
万葉集 3008 あしひきの山を木高み夕月をいつかと君を待つが苦しさ       知らず
古今集 690 君や来むわれや行かむのいさよひに真木の板戸もささず寝にけり   知らず
古今集 691 今来むといひしばかりに長月の有明の月を待ちいでつるかな    素性法師
古今集 692 月夜よし夜よしと人に告げやらばこてふに似たり待たずしもあらず  知らず
後拾遺集 680 やすらはで寝なましものをさ夜ふけてかたぶくまでの月を見しかな 赤染衛門
新古今集 722 曇りなく千歳に澄める水の面に宿れる月の影ものどけし       紫式部

なお、和歌の前の情景文に見られる「十六夜の月が次第にさし昇るまで」は、伝統的な言い方だと
思いますが、「十六夜の月が次第に昇ってくるというのに」と孫には説明します。

----------

No.35、36 の和歌(東屋より)

情景;後の名月と言われる九月十三日のかげりなく明るい月の光

まず、京を出発して、宇治到着後、月の出までの流れを簡単に記載します。

節分前日で、立冬前々日の九月十三日に、薫と浮舟が宇治へ出発、法性寺あたりで、夜が明け、
朝のほのあかりの中、宇治への道を進み、木幡の山、宇治の川霧を経て、宇治の山荘に到着する。
薫は京に手紙を書き、浮舟の今後を思案し宇治に隠そうと決め、その日は薫と浮舟は
終日語らい、琴を調べる頃、月がさし昇る。そこに、弁の尼君から菓子などが届けられる。

 弁の尼君のところから、好みや菓子などが届けられました。箱の蓋に紅葉や蔦などを折り敷いて、たしなみ深そうに、いろいろ取りまぜて、敷いた紙に、老人らしく不器用に太々にと書いてある歌が、かげりなく明るい月の光にふと見えました。薫の君がそれに目をおとめになる感じが、まるで紙の上に載っている菓子を早く欲しがっていらっしゃるように見えました。

35. やどり木は色かはりぬる秋なれど むかしおぼえて澄める月かな 弁の尼

と、年寄りらしい古めかしい歌が書いてあるのを、弁の尼の手前、薫の君はきまり悪くも、また、しみじみなつかしくもお感じになって、

36. 里の名もむかしながらに見し人の おもがはりせるねやの月かげ 薫

と、ことさらに返歌というふうでもなく、つぶやかれたのを、侍従が尼君にとりついだのでしたとやら。

2つの和歌を自己流に読むと、次のようです。

35. 宿木は秋になって色が変わりましたが、月は昔のまま変わらず澄んでいます。
36. 地名も心も宇治と憂しで昔と変わらないが、閨への月光に昔の人の面影はない。

---

なお、これまで「宿り木」は次の歌に見られます。

宿木;「やどりきと思ひいでずは木のもとの旅寝もいかにさびしからまし」  薫
宿木;「荒れはつる朽木のもとをやどりきと思ひおきけるほどのさびしさ」弁の尼
東屋;「やどり木は色かはりぬる秋なれどむかしおぼえて澄める月かな」 弁の尼
蜻蛉;「我もまた憂き古里を荒れ果てばたれやどり木の蔭をしのばむ」    薫

ここでは、常緑樹の宿り木が色変わりするという表現が意味深く感じられます。

---

「東屋」の「かげりなく明るい月の光」として、
紫式部は、後の名月と言われる「十三夜の月」を登場させています。
とても納得です!

----------

No.37 の和歌(手習より)

情景; 行方不明になった浮舟が、実は投身自殺が未遂に終わり、失神している処を横川の僧都に
助けられて、小野の地にて、月の明るい夜に、ひとり物思いにふけり、歌を詠みます。

 ・・・あたりに松の木が多く、風の音もたいそう心細く聞こえます。
 浮き舟の君は、外にすることもなく、お勤行ばかりにはげんでいくうち、いつともなく、ひっそりと暮らしているのでした。尼君は月の明るい夜などには、琴をお弾きになります。少将の尼君と呼ばれている人は、琵琶を引いたりして合奏します。
  ・・・
 月の明るい夜ごとには、老尼たちは、風流に歌を詠んだり、若かった昔のことをしのんだりして、さまざまな思い出話に興じています。浮舟の君はそんな話の仲間入りもできませんので、ひとりしみじみと物思いにふけっては、

37. われかくて憂き世の中にめぐるとも 誰かは知らむ月の都に

と歌います。もうこれまでと思って自殺の決心をした時は、恋しい人も多かったけれど、今はそうした人たちはあまり思い出さず、ただ、「母君がどんなに当惑して悲しまれたことだろう。・・・私がまだこの世に生きていようとは、どうして知ろう。・・・」と折々に思い出されます。

自己流に読むと、

37. 私がこうして生きながらえていようとは、月の都では誰が知ろうか。

----------

No.38、39 の和歌(手習より)

情景;尼君の亡き娘の婿だった中将が山荘を訪ね、浮舟を垣間見て見初め、
求婚してくる。尼君も大乗気でしきりにすすめるが、浮舟は相手にしない。
中将が三度目山荘を訪問した時、季節は秋、尼君が中将を引き留めた際のやりとり。

 尼君はそれを見てにじり出てきて、
「どうしてまあ、せっかくの惜しい良夜の月を朝までご覧にならずに、途中でお帰りになられるのでしょう」と言いますと、 中将は、
「いえなに、あちらの冷たいお気持ちもわかってしまいましたので」
と、なげやりに言って、・・・訪ねてきたのに、あまりによそよそしく、部屋深く引きこもってこちらを相手にもしない女の態度が、こんな山里のわび住まいに似合わずに興をそがれると思って、帰ろうとします。尼君は中将の笛の音まで、いっそうなつかしく名残惜しく思われて、

38. 深き夜の月をあはれと見ぬ人や 山の端ちかき宿にとまらぬ 尼君

と、何だか調子のととのわない歌を、
「姫君がこう申し上げています」
と偽って言います。中将はそれを聞くと期待に胸をときめかして、

39. 山の端に入るまで月をながめみむ 閨の板間もしるしありやと 中将

などと言います。

2つの和歌を自己流に読むと、次のようです。

38. 山の端近くの宿にも泊らないのは、この夜更けの月のあわれを解さない人なの。
39. 閨の隙間から光が差し込むのを期待して、山の端に沈むまで月を眺めましょう。

---

38番の歌は、その気のない浮舟に代わって、尼君から中将への歌で、
「どうしてまあ、せっかくの惜しい良夜の月を朝までご覧にならないの」
をそのまま歌にしたもので、気をもたせる歌ですね。

この歌で思い出される歌は、

後撰集 103 あたら夜の月と花とを同じくは心知れらむ人に見せばや  源さねあきら
   この夜の素敵な月と梅の花を心のわかるあの人に見せたい。 

---

39番の歌は、中将の返歌です。

閨などの隙間からさし込む月光の情景で、思い出される歌

後拾遺集 846 板間あらみあれたる宿のさびしきは心にもあらぬ月を見るかな 弾正尹清仁親王
後拾遺集 847 雨ふればねやの板間もふきつらむもりくる月はうれしかりしを   中納言定頼
詞花集 0294 板間より月のもるをもみつるかな宿は荒らしてすむべかりけり    良暹法師
新古今集 0432 秋の色は籬にうとくなりゆけど手枕なるる閨の月かげ      式子内親王
新古今集 1204 君待つと閨へも入らぬ槙の戸にいたくな更けそ山の端の月    式子内親王
新古今集 1274 恋ひわぶる涙や空に曇るらむ光も変る閨の月影        権中納言公経

----------

最後に、歌の全体を再掲します。

瀬戸内寂聴訳 「源氏物語」より

桐壺  雲のうへも涙にくるる秋の月いかですむらむ浅茅生の宿
帚木  琴の音も月もえならぬ宿ながらつれなき人をひきやとめける
夕顔  山の端の心も知らで行く月はうはの空にてかげや絶えなむ
末摘花 もろともに大内山は出でつれど入るかた見せぬ十六夜の月
    里わかぬ影をば見れどゆく月のいるさの山を誰かたづぬる
    晴れぬ夜の月待つ里を思ひやれ同じ心にながめせずとも
花宴  深き夜のあはれを知るも入る月のおぼろけならぬ契りとぞ思ふ
    世に知らぬここちこそすれ有明の月のゆくへを空にまがへて
    梓弓いるさの山にまどふかなほの見し月のかげや見ゆると
    心いる方ならませば弓張の月なき空に迷はましやは
賢木  九重に霧や隔つる雲の上の月をはるかに思やるかな
    月影は見し夜の秋にかはらぬをへだつる霧の辛くもあるかな
    月のすむ雲居をかけてしたふともこの世の闇になほやまどはむ
須磨  月影の宿れる袖はせばくともとめても見ばやあかぬ光を
    行きめぐりつひにすむべき月影のしばし曇らむ空な眺めそ
    亡きかげやいかが見るらむよそへつつながむる月も雲かくれぬる
    見るほどぞしばしなぐさむめぐりあはむ月の都は遥かなれども
    いづかたの雲路にわれも迷ひなむ月の見るらむことも恥づかし
明石  あはと見る淡路の島のあはれさへ残るくまなく澄める夜の月
澪標  水鶏だにおどろかさずはいかにして荒れたる宿に月を入れまし
    おしなべてたたく水鶏におどろかばうはの空なる月もこそ入れ
松風  月のすむ川のをちなる里なれば桂の影はのどけかるらむ
    久かたの光に近き名のみして朝夕霧も晴れぬ山里
    めぐりきて手に取るばかりさやけきや淡路の島のあはと見し月
    浮雲にしばしまがひし月影のすみはつるよぞのどけかるべき
    雲の上のすみかを捨てて夜半の月いづれの谷に影かくしけむ
朝顔  氷閉ぢ石間の水は行きなやみ空澄む月の影ぞ流るる
梅枝  霞だに月と花とをへだてずはねぐらの鳥もほころびなまし
鈴虫  雲の上をかけ離れたるすみかにももの忘れせぬ秋の夜の月
    月かげは同じ雲居に見えながらわが宿からの秋ぞかはれる
夕霧  見し人の影すみ果てぬ池水にひとり宿もる秋の夜の月
総角  おくれじと空ゆく月を慕ふかなつひにすむべきこの世ならねば
早蕨  ながむれば山よりいでてゆく月も世にすみわびて山にこそ入れ
宿木  大空の月だにやどるわが宿に待つ宵過ぎて見えぬ君かな
東屋  やどり木は色かはりぬる秋なれどむかしおぼえて澄める月かな
    里の名もむかしながらに見し人のおもがはりせるねやの月かげ
手習  われかくて憂き世の中にめぐるとも誰かは知らむ月の都に
    深き夜の月をあはれと見ぬ人や山の端ちかき宿にとまらぬ
    山の端に入るまで月をながめみむ閨の板間もしるしありやと

----------

戻る